読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界との出会い74(マシン)

f:id:osaulai:20170517181138j:plain

⚫︎機械は必ず、機能を持つ。その機能は、必ず、目的を持つ。機械は、「目的存在者」と言えるだろう。人間も目的を持って行動することは多いが、何の目的も持たずに行動することもある(生体としての人間、そしてあらゆる生物は、意識せずとも、生き抜くという至上の目的を持っているだろうが)。こんな風に考えると、人間にしかできないことというのは、目的なく行動すること、行為することではないか。目的から自己を開放できるのは人間だけではないか。今のところロボットや人工知能は自分以外の他者の爲に存在する。自己自身のためだけに存在するのは所謂高等動物だけではないか。
⚫︎何の為にも生きない、「非目的存在者」こそ、人間だけに可能な存在形態ではないか。
⚫︎目的無き生が、定義されたとたんに、それ自体が目的になるだろう。故に、それは、定義されてはいけないのかもしれないが。
⚫︎人工知能ロボットの機能とは反対のこととは、・遅い、グズグズしている。・ベクトル(力➕方向)を持たない。・浮遊している。・ただ散歩している。・ぼーっとしている。・ただ遊びに興じている。
⚫︎これまで価値無しとされてきた多くのことの中に人間にしかできないことがあるのかもしれない。ただ、これらの人間の営為を、どのように、ある種の生産と結びつけたらいいのだろうか。

世界との出会い73(燕)

f:id:osaulai:20170515231521j:plain

⚫︎燕という鳥には、毎年毎年驚かされる。その飛ぶことへの適応の見事さに。翼と嘴と尻尾が風を切る見事さに。三羽から五羽くらいが旋回しながら、すごい速度で初夏の空を横切る。彼らの飛行の軌跡は幾重にも交わっているように見える。しかし、急上昇、急下降、方向転換、素早い羽ばたきによって、決してぶつからない。この黒い風の動きには、人間のテクノロジーは、まだ全く追いつけないのである。

世界との出会い72(アイロニカルな没入)

f:id:osaulai:20170515002647j:plain

⚫︎アイロニカルな態度に終始している人間関係のあり方、或は「アイロニカルな没入」という概念を安易に批判する人がいるが、そう言う人は、それがどんなものかということさえ理解していなのではないか。この概念は、ある人々には、理解しがたいものだろう。何故なら、没入している人にとっては、そうであるが故に、認識できないし、全く没入していない人にとっては、認識の手掛かりがないから分からない。しかし、事態の両義性が認識できる人は当然いる。生起している事態が的確に分析されることは必要なことである。

世界との出会い71(自由)

f:id:osaulai:20170513115235j:plain

⚫︎「自由でいたければ、貧乏に慣れろ。」
(If you want to remain free, get accustomed to be poor.)
⚫︎「より現実的な言い方をすれば、ある程度自由でいたければ、ある程度貧乏に慣れろ。」(More actually speaking, if yot want to remain free to some extent, get accustomed to be poor to some extent.)
⚫︎徹底的に無駄金を使わないことととても上手く使うことを学ぶべき。(You should learn  not to waste money at all and spend money well.)
⚫︎自由に動けるようにしておくことが一番大事なこと。(What is the most important is to be able to move  free.)






世界との出会い70(東浩紀を読んで)

f:id:osaulai:20170505105448j:plain

⚫︎『弱いつながり』東浩紀幻冬社 2014年)を読んで。⇩

⚫︎旅によって環境を変えることは既知の関係ー人との関係と物との関係(例えば、マトリョーシカ)ーに新しい視点をもたらしてくれる、というのは、特段珍しい考え方ではない。しかし、ネットに繋がれっぱなしで動きの少ない人たちには強調されるべき点なのだろう。著者の実感からのことばは読者の理解を促すのではないだろうか。

⚫︎旅に出ても、検索を続けられるようにネットへの接続は維持するが、人との繋がりは切断する。これも旅の目的を考えたらあたりまえだが、習慣からの脱出はなかなか難しい故に強調も必要だろう。

⚫︎平野啓一郎の「分人化」概念への批判の中

に、分人から分人への切り替えは、しんどいとの言及があるが、この概念が強固なアイデンティティー希求とそれから生まれる苦悩へのアンチテーゼである点も忘れられないのである。アイデンティティー希求と分人もバランスを取り合うべきものではないか。

⚫︎『一般意志 2.0』東浩紀講談社 2011年)を読んで。⇩
⚫︎個人のレベルにおいて、痴漢にその犯罪行為がいかに「高くつく」かを、言葉で語っても、つまり、理性的に説明しても、通じないことが多い。同様に、社会のレベルにおいて、ナショナリズムの熱狂にも、言語的な説明は通じないことは多い。これらの指摘は十分納得できる。
⚫︎P171「フロイトは、無意識はあくまでも制御されるべきものであり、その制御が崩れるからこそ人間は病に陥ると考えていた…。」
⚫︎理性に基づく熟議だけで人々の感情、欲望を制圧することは大変難しい。これは、様々な場面で確認できることである。
⚫︎先端的な情報技術によって可視化された集団的無意識=一般意志2.0を、いわば新しい形式の熟議・話し合いのなかで「揉んでいく」という方向が目指されるべきなのだろう。
⚫︎感情は決して軽視できない。しかし理性も決して軽視できない。この本の著者も、熱い感情と意欲をもってこの本を書き進めたとは言え、人々にその思いを伝えるのは、理性による言語の巧みな行使によるところが大きいと考えられるからである。両者に細心の注意を払いつつ、いかに理性と感情のバランスを取っていくが、問われている。

世界との出会い69(三つの驚異的存在者)

f:id:osaulai:20170502140359j:plain

⚫︎人間の世界に存在する最も驚くべき存在者は、

①宇宙(universe

②生命(life)

③言語(language)

である。

⚫︎これら三つのカテゴリーは、個物ではない、普遍的存在者である。宇宙そのものも、生命そのものも、言語そのものも、それ自体としては存在しない。

⚫︎あるのは、星雲や恒星や惑星や小惑星など、様々な種類の動植物など、人々の間を行き交う意味に溢れた音声や文字やテキストなどである。

⚫︎これら三つには、包含関係が考えられる。宇宙が生命を含み、生命は言語を含む。言語は生命の中で生まれ、生命は宇宙の中で生まれた。これら三つに共通することは、全てが、 目が眩むほど複雑であると同時に目を瞠るほど美しく多様であるということである。

⚫︎時間的には、宇宙が最も古く、その時間経過の中で生命が生まれ、更に生命が進化する中で、言語が生まれた。

⚫︎これら三つは、その起源を考えても、その発生をはっきり目撃することができないという意味で、謎である。これらの驚くべき存在者は奇跡であり、そうであるが故に、哲学的探究と科学的探究の最も深い動機となっている。

⚫︎脳や意識や身体もこの奇跡的存在者の中に加えてよいかもしれない。これらもまた驚異的なものである。


世界との出会い68(ポール・マッカートニー)

f:id:osaulai:20170501152946j:plain

⚫︎ポール・マッカートニーの東京ドームライブは、ビートルズウィングス、NEWからのいつもの楽しい定番曲が目白押しだったが、ここ数年のライブでは演奏されてない曲で印象的だったのは、アコースティックギターを持ってのYou won't see me。ポールの曲らしい明るい、爽やかなメロディー。これが聴けたのもよかった。この曲を作るきっかけのようなことを語ってから歌い始めた。

リンゴが歌うBoysも初お目見得で楽しかった。元気なポールはみんなに元気をくれる。